競売時でも任意売却が可能

競売時でも任意売却が可能 債務が返済できなくなって自己破産等の債務整理に入った時には所有している不動産は、他の資産と同じように強制的に整理されてしまいます。不動産は競売にかけられると落札されて、強制的に引き渡しの日が決まってしまいます。競売では任意売却よりも安い価格で落札される事が多いので、相場よりも安く買い叩かれてしまううえに引き渡し日にも自由がありません。

このようなケースでは競売は避けられず、不利益が多いと思っても阻止できないと思われる事もありますが、任意売却も選択肢としてあります。勝手に任意売却をする事はできませんが、債権者の許可があれば競売でなくても問題ありません。競売よりも任意売却の方が高値で売れる可能性が高まるので、少しでも債務を回収したい債権者にとってもメリットはありますし、不動産を手放す側も高く売れる事で残債を整理してさらに余りあるほどの価格で売却できる可能性も出てきます。さらに引き渡し日にも自由度が出るので、その後のスケジュールも組みやすいです。

任意売却の価格設定は何を基準としているのか

任意売却の価格設定は何を基準としているのか 任意売却における適正な価格設定はどんな物なのか、よく知らないという人は少なくありません。具体的にどのように決められるのでしょうか。基本的に任意売却での価格は、物件の査定評価が元となります。価格評価が高ければ高値に、低ければ安くなるのは当然の事です。しかし、安すぎると債権者が売却に同意してくれない可能性が高くなるため、ある程度価格の交渉をしなければなりません。

買い手がつかないほどの高値になることは避けたほうがいいため、債権者と不動産業者による綿密な話し合いが必要となります。とはいえ、競売よりも高値に決定されることが相対的に多いです。

低すぎても高すぎてもリスクを伴うため、ある程度市場に見合った価格で提供されていたほうがいいのは事実といえます。具体的に適切な価格にするためには、査定評価が適切であることは重要です。貞節な査定評価のできる業者に依頼して、公正な査定を行う事が最適な売却につながります。