任意売却をするなら悪徳業者に注意

任意売却をするなら悪徳業者に注意 家のローンを払い続けることが難しくなってしまい、任意売却をしようと検討している方がいるかと思います。そんな方に注意してもらいたいことがあります。それは何かというと悪徳業者です。トラブルに巻き込まれたり、損をしてしまうケースがあるので、業者選びもしっかり行う必要があります。
例えば、訪問業者によるトラブルがあります。昔は見た目や言動から見分けることができましたが、最近は誠実そうな見た目の業者が増えているので気をつけてください。見分けるコツは、担当者が何度も変わることが挙げられます。最初は女性などが担当して誠実そうな印象を持たせて、徐々に弱みにつけこんで不利益な契約を結ばせようとしてきます。担当者が変わった時点で、ちょっと危ないと感じないといけません。任意売却を行う際も、悪徳業者には十分に気をつけてください。訪問してくる業者ではなく、自分で探した業者を利用するのが1番安全です。損をしてから後悔しても遅いです。

任意売却を行うには連帯保証人の同意が必要

任意売却を行うには連帯保証人の同意が必要 住宅ローンを一定期間滞納すると、銀行等の債権者が裁判所に申し立てて競売の手続きを進めます。競売が行われると住宅が強制的に換価され、債務者は裁判所が一方的に定めたスケジュールにしたがって物件を明け渡さなければならなくなります。
こうした事態を避けるため、近年では債権者と債務者が合意のうえで住宅を任意売却する事例が増えています。任意売却であれば売却のスケジュールにある程度融通が利くうえ、売却後にリースバックのかたちで済み続けることも不可能ではありません。
ただ注意が必要なのは、債務者がこの手続きを進めるには債権者だけでなく連帯保証人の同意も必要だということです。というのも、売却代金をもってしてもローンが完済できない時は、保証人にも返済を求められる可能性があるからです。このような問題を解決するには、連帯保証人を含めた三者で事前に十分協議するとともに、残債分を任意整理のかたちで債務整理するなどの対策を考える必要があります。